エステティシャンが語る!ニキビ予防・・・

ニキビが一つもないつるつるのお肌に誰もが憧れますが、実際は色々な原因からニキビができてしまい
性別や年齢を問わずニキビは美肌を目指す人にとっては大敵です!

 

ニキビは思春期のホルモンバランスの乱れから、過剰に皮脂が分泌されてしまい出やすいので
「ニキビは青春のシンボル」なんて言葉もありますが、実は20代30代でもニキビはできるのです。

 

もちろんその原因は思春期にできるにきびとは違い、生活習慣やストレス、飲酒や喫煙・・・
など様々で、それを隠すためにカバー力が強いファンデーションなどを使ってしまうと、
それが毛穴に詰まって悪化することにもなります。

 

だからと言ってニキビをそのままにしておくこともできず、何とか隠したいと思うため
ファンデーションを何度も重ねたり、コンシーラーを厚く塗ってごまかしてしまうのです。

 

このままではニキビは決して改善しないので、まずはニキビを治す必要がありす。
出来てしまったニキビはその原因になっているものを取り除くことで改善しますが、
それが何かを見つけることも意外と難しいのです。

 

そのため、日ごろからニキビができないように予防することが大切で
、毎日のケアにプラスしていくつかのことを取り入れてみてください。

 

 

面倒でもシャワーだけではなく湯船にゆっくり浸かることで、
毛穴の汚れをきれいにし老廃物を取り除くことができます。

 

 

またリラックス効果も期待でき、深い眠りが得られます。

  • 化粧はなるべく薄くし厚塗りにならないようにする
  • ストレスをためないように適度に発散できる時間を作る

このようなことに注意するだけで大人ニキビは簡単に治すことができ、同時に肌もきれいになります。。
忙しい毎日を送っている大人にとって、心と体を労わる時間はなかなか取れないかもしれません。

 

しかし、ニキビだらけの肌では気分も落ち込み憂鬱な毎日が続いてしまうかもしれませんよね?
大人ニキビは同じ個所に繰り返しできて、治ったと思ってもまたすぐにできてしまうという特徴があります。

 

それを繰り返すことによって肌には痕が残ってしまい気づいたら汚い肌になっているかもしれません。
そうならないためにも、毎日の生活で予防することが大切なのです。

Co2レーザーでニキビが治る?そのカラクリとは・・・

ニキビに悩む人は多いのですが、肌が弱い人や脂性の人はに化膿したり
一度できた部分に何度も再発したりと重症化することがあります。

 

そうなると毎日きちんとケアしていてもなかなか改善せずにニキビ面と呼ばれる顔一面にニキビがあり
、人前に出るのも嫌なほどになる可能性があります。

 

それを改善するためには生活習慣を見直し、食生活も気をつけなくてはなりません。
同時にストレスをため込まないことや睡眠を十分に取るなどが効果的と言われています。

 

このようなことを続けるとおそらくニキビが改善すると思いますが、
それよりも厄介なのが残ってしまったニキビ跡なのです!

 

 

普通のニキビは時間とともにきれいになりますが、
化膿したり大きくなったニキビはクーデターと呼ばれるボコボコの穴のような状態で残ってしまうのです。

 

野球選手や芸能人にも肌がボコボコの人がいますが、
あれは肌が弱くニキビ跡が残ってしまったことが原因のようです。

 

そこまでひどいニキビ跡は自然に治らないので、
美容外科などで肌をきれいにする施術を受けるしか方法がありません。

 

その施術がレーザーを使って肌の凹凸を削る施術で普通のレーザーと
二酸化炭素を使ったCo2レーザーがあります。

 

ボコボコの凹凸はどんなにいい薬を使っても改善しないので、
レーザーで削って平らにする方法が最適です。

 

Co2レーザーの方が効果が高いのですが、二週間ほどかさぶた状態が続き仕事や外に出かける機会
が多い人には向いていないので、普通のレーザーを選択する人も少なくないようです。

 

普通のレーザーはCo2レーザーに比べて効果が薄いのですが、
2日ほど赤みが出る程度なので休日を使うなどすれば普段通りの生活ができるので安心かもしれません。

 

凹凸に残ってしまったニキビ跡はとても嫌なもので、
特に女性にとっては化粧で隠すことができないため、見た目を気にして人前に出られない人もいるのではないでしょうか?

 

そんな人は迷わずCo2レーザーを受け、きれいな肌を手に入れて新しい一歩を踏み出しましょう!

ニキビ、ニキビ跡はどうやって治療するのか!?

川崎クリニックの医院長がニキビ、ニキビ跡の正しい治療について教えてくれています。

 

ニキビやニキビ跡の治療って年齢によって治療方法が変わるそうです。
また、諦めていたニキビも治療の選択を間違えなければかなり改善することができるとも言われていました。

 

・思春期の場合
ニキビ予防やクレーター状態のニキビ跡になりにくくするには、
ニキビにバイ菌が入らないように毎日洗顔をすることや
不潔にしないように肌を常に清潔に保つことが大切。
洗顔の際には、ドラッグストアなどでも売ってあるケミカルピーリングができる
洗顔料を使用することで毛穴の掃除ができ
ニキビ予防にもニキビ治療にもなる。

 

・大人ニキビの場合
20代、30代のニキビで化膿していなくてクレーター状になっている
ニキビだとレーザーやグラインダーで削って綺麗にする。
大人の場合、思春期の頃に比べるとターンオーバーが正常に行われていないことも多いので、
プラセンタで皮膚の再生する力を引き出すのも
大人ニキビの治療には効果的です。
プラセンタの他にはアルファリポ酸、カルニチン、コエンザイムQ10なども
皮膚の再生を促すことができます。
こうした成分の化粧品などはドラッグストアなどでも簡単に手に入れることができるので
日頃の手入れに使うとニキビ治療にもニキビ予防にもつながります。

 

思春期のニキビ、大人ニキビがありますが、
どちらに対しての正しい治療法は見極めることも大切だと言われています。
ニキビには活動期っていうものがあるそうです。
そして、活動期にレーザーなどで削ってニキビを治療するなどの
外科的な治療を行っても繰り返しニキビができてしまうだけで、
イタチゴッコにしかならないため、適さないと言われていました。
ニキビの活動期には、ニキビができないような対処をする方が良く、
ケミカルピーリングで毛穴を綺麗にしてニキビの原因を撃退して
プラセンタで皮膚の再生を促すことが活動期のニキビの治療に適しているそうです。

 

ケミカルピーリングって、ニキビのできたお肌には、
刺激が強そうなイメージでしたが、
毎日行っても大丈夫な肌に優しい治療法でした。
家庭用でケミカルピーリングが行える洗顔料も販売されているので
それらをうまく使うこともニキビ予防にも治療にも効果的だそうです。

 

さらに、膿がたまっている状態のニキビに関しては削ることでかえって
炎症を起こしてニキビになることが多いので注意が必要です。

 

また、ニキビ治療やニキビ跡の治療で重要なのは、ストレスをためないことです。
ストレスが多いことで皮膚の再生が遅れるため。
ニキビやニキビ跡の治療は、治療とともに自分にあったストレス発散方法を
見つけるのもとても大切なことでした。